【バイナリー】要人発言がある時、テクニカルを無視する?!【危険ポイント】

こんばんは!

松岡沙耶です。

 

前回の記事ではテクニカル分析の

「ボリンジャーバンド」「RSI」

についてお伝えしました。

 

テクニカル分析は相場がどのように動くか

を考察する分析方法だということも。

では、他にどんな分析方法があるのか?

それが「ファンダメンタルズ分析」です。

 

このファンダメンタルズ分析は、

世界情勢で起こっている事態や事件、

世界情勢から相場の動きを考察する分析方法になります。

 

単純に、こういった形のときに

次の足では相場が上がる(下がる)を分析するのがテクニカル分析

 

今はある国が勢いを増してきていて、

その背景もしっかりとして勢いが増してきているから

更にその国は勢いを増すことが予想できる。

だからその国の通貨の価格が上がっていくだろう

と予想する、分析するのがファンダメンタルズ分析です。

 

この2つのテクニカル分析とファンダメンタルズ分析、

どっちがいいというのはないのですが、

基本的にバイナリーオプションでは「テクニカル分析」が使われます。

 

理由としては、

短期トレードが基本のバイナリーオプションにおいて

長期の分析となるファンダメンタルズ分析はあまり

あてにならないことが多いからなんです。

 

あてにならないなら必要ないと思うかもしれませんが、

それがそうでもないんです。

 

テクニカル分析でも全く予想が出来ない

相場の動きをすることがあります。

 

これは不規則に起こりうるものなんですが、

その不規則に動く場面を避けることができるのが

ファンダメンタルズ分析では可能になるんです。

なので、両方を知っておくといいですね!

 

今回はその中でも最も代表的例の「要人発言」に関してお話していきます。

それでは、いってみましょう!

 

【要人発言が相場を大きく変える】

要人発言ってなんですか?

というところから簡単に説明すると、

各国の「偉い人の発言」と解釈して頂ければ問題ないです。

例えば、

日本で言うと、安倍首相、

少し前のアメリカでいうとトランプ大統領

ですね!

 

こういった大きな権力を持った人たちの発言があるときに相場が変わります。

相場(金融)に関しては、

上記の方々以外にもまだまだ多くの有権者がいらっしゃって、

その方々の発言次第でこれからの情報予測が大きく変わり、

相場が全くもって予想ができない事態になるんです。

 

 

私は要人発言がある時は

相場の動きが予想できないので取引を控えるようにしています。

要人発言もその発言をする人ごとに特色があったりして、

その発言内容に大きく相場も左右されます。

 

例えば、

ドラギ総裁は

結構、過激な発言が多い傾向があります。

(あくまでも傾向ですが)

強気で発言された場合は、当然それを信じて動く人が増えるので、

相場の変動は大きくなります。

なので、特に泣きを見る人が多い印象ですね。

 

その他にも、

日銀の黒田総裁はそこまで過激な発言をあまりしません。

(しないわけではないですが)

ただ、日本人ということで予想自体は上昇志向で出ているけど、

マイナス思考の発言が多いので、

相場もマイナスに沿った動きをすることが多いです。

 

これは先程のドラギ総裁の発言の時のチャートとはまた違って

ガクッと下がるのではなく、じわじわと落ちていくイメージが近いですね!

 

このように、

誰がどのような発言をするかによって相場が大きく変化します。

その理由は、根本的には人が相場を動かしているので、

どれだけの人が動かされるかによって相場の動きも決まるということですね。

 

このことから

要人発言がある時の取引は注意が必要!

と覚えて頂ければ問題ないです!

一種の指標みたいなものだと認識して頂いても大丈夫です。

 

要人発言に関しては

ネットで検索して調べると専用のサイトがあって

そこで見ることができるので、

取引をする前にかならず確認する習慣を付けた方がいいですね。

 

様々な不確定要素を排除して、常に負けない取引をしていきましょう!

勝つことよりも負けないことが投資において大事です。

それでは、今回はこのへんで!
ではでは^^

・要人発言がある時は、取引に気をつける!

・取引をする際に必ず要人発言がないかチェックする!

沙耶の日常を見たい方はこちら☆